製品ラインアップ
PRODUCTS

解砕・整粒パワーミル

処理量が大きく、解砕、整粒~破砕造粒まで幅広く対応します

●解砕整粒部の部品を取り替えることにより、従来の解砕機と整粒機が兼用できます。
●粒度範囲が極めて狭く、高い歩留りが得られます。
●360°開放のスクリーンと高速回転するナイフによる高能力を発揮。
●回転速度、ナイフの数、形状、スクリーンの目開きが容易に調節できます。
●操作、メンテナンスが容易におこなえます。
P型:原料を斜め投入するタイプです。
D-200型:原料を垂直投入するタイプです。流れの悪い原料も処理可能です。
D-200R型:D-200型に解砕部の回転機構をプラス。解砕部が水平になるため、解体・洗浄・組付等の作業が大幅に軽減できます。

粒径
0.3mm~16mm
用途例
●食品
●顔料
●香料
●化学製品
●医薬品

D-200型 垂直投入タイプ
流れ難い原料も処理可能です。

D-200R型 垂直投入に解砕部の回転機構をプラス。
解砕部が水平になるため、解体・洗浄・組付等の作業性が大幅に改善しました。

D-200R型特長
ハ ンドルを差込み、回すことで解砕部が回転します。
インターロック機能により、解砕部が正しい位置に無ければ駆動モータは動作しません。

D-200R型特長
解砕部が水平のため、部品の脱落がなく、安全に作業をおこなえます。
また、解砕内部を確認しながら作業が出来るため、解体・洗浄・組付も楽におこなえます。

解砕機構(円筒スクリーンと回転ナイフ)
回転ナイフにより、解砕された原料は、円筒スクリーンを通過することで、スクリーン孔径より小さい粒径の解砕物が排出されます。

  円筒スクリーン

  回転ナイフ

整粒機構(コーンスクリーンとインペラ)
原料はインペラとコーンスクリーンによる剪断及び押し付けにより、スクリーンより整粒、排出されます。
ナイフによる解砕がないので、過粉砕が少なくなります。

  コーンスクリーン

  インペラ

お問合せ


お問合せ内容