ダルトンのラボづくり
OUR SOLUTION
LAB革LUTION

知的創造空間を生み出す課題解決メソッドLab∞lution

ラボラトリーの日常には、認識されていないものも含めて様々な問題が潜んでいます。
ダルトンは、お客様が抱える問題から課題を抽出し、幅広いソリューションを用いることでラボの革新を行います。

ダルトンのラボづくり 4 STEP

1

研究者意識調査による問題の抽出
SURVEY

現状施設の評価

満足度や重要度などの側面からユーザーの意見集約を実施。

すでに顕在化している問題だけでなく、潜在している問題にまで着目。

2

理想をイメージして、課題を策定
TARGETTING

今回クリアすべきゴールの設定

ユーザーが何を得られるかを勘案し、課題として設定する。

予算、スケジュールの制約の中で優先順位を定める。

3

ソリューションの提案
SOLUTION

課題解決に向けてノウハウをピックアップ

ラボの革新に向けて代表されるキーワードからブレイクダウンし、具体的革新案を構築。

4

プロダクトの提案
REALIZATION

ノウハウを製品として具現化

ソリューション(コト)を実現させるためのUni∞Lab(モノ)を提案。

モノ1つ1つに課題解決のための“意味”が存在する。

CASE STUDY

STEP1 問題抽出

CASE STUDY #001

臭気対策

ラボ内の慢性的な臭気と陰圧

STEP2 課題策定

局所排気装置の性能と運用評価
作業環境測定実施

〔課題策定〕
  • ・局所排気装置の最適化
  • ・関連法規や同時使用率を考慮した風量削減
  • ・廃液の管理方法

STEP3 ソリューション

臭気発生源と物理的性質の特定
局所排気見直しに伴う作業性の検証
現状ラボのシステムフロー評価

〔ソリューション〕
  • ・局所排気の形状や必要風量案の検討
  • ・低風量ドラフトやVAVを主体としたシステムフローの策定

STEP4 プロダクトの提案

図面、実機による確認
レイアウト・仕様・コストの確定
届出書類の作成サポート

〔プロダクトのご提案〕
DFA20、DFD41、RLシステム、TERFUシリーズ、廃液回収装置

STEP1 問題抽出

CASE STUDY #002

地震対策

大型地震への備えができていない

STEP2 課題策定

リスク想定
従業員の危機管理レベル確認

〔課題策定〕
  • ・什器や機器の形状に応じた転倒防止対策実施
  • ・地震発生時の対処や避難方法の周知
  • ・エマージェンシーアイテムの見直し

STEP3 ソリューション

個別機器や什器の形状と使用方法調査
緊急時の対処、避難方法再検討

〔ソリューション〕
  • ・ラッチ付ファニチャーの採用
  • ・固定、転倒防止計画書の作成
  • ・純水タンク設置場所の改善
  • ・施設内エマージェンシーアイテムの設置場所内容の検討

STEP4 プロダクトの提案

図面、実機による確認
レイアウト・仕様・コストの確定

〔プロダクトのご提案〕
ラッチ・固定ベルト・固定金具の作成、純水製造装置組込み型流し台、ファーストエイドスペース

お問合せ
CONTACT

研究施設製品やサービスについてのお問合せは、
以下より受け付けております。

お電話によるお問合せ一覧

受付時間 月~金:
(FAX、メールは24時間受付)