製品ラインアップ
PRODUCTS

撹拌造粒スパルタンリューザー

高い歩留りで高品質の微細粒を生産

精密な混合ができ、整粒、拡散、転動を繰り返して、極めて高い歩留りの微細粒がひとつの工程でできる多機能型です。
押出式造粒機の前工程として利用すれば、省スペースやイニシャルコストの低減、さらに大幅な能力アップが可能です。
●ミキシング羽根で原料を掻き上げ、複数のチョッパーで分散解砕をおこなう構造で、チョッパーの効率が良く、偏析の少ない均一な混合が可能です。
●2流体ノズル採用により、シャープな粒度の造粒物が得られます。
●チョッパー、ミキシング羽根が横型でメンテナンスしやすい設計です。
●微細粒領域(0.1~0.5mm)では、重質顆粒が高歩留りで得られます。
●1次粒子レベルでの精密混合が可能です。
●微量液体成分の各粒子へのコーティングが可能です。
●円筒容器内壁を確実にスクレイプするミキシングアームと、その容器全域をカバーする複数の高速チョッパーから構成されます。
●上部から供給された粉体原料は、ミキシングアームにより循環混合されるとともに、チョッパー部へカスケード状に供給されます。
●チョッパー表面のピン状、もしくはカッター状の衝撃エレメントによって、粉体原料は剪断・衝撃作用を受け、分散・圧密作用が繰り返されます。

RMO-4H型

主要エレメントの種類
① のミキシングアームは、サニタリー性を考慮したタイプです。シンプルな形状のため付着残量が少ないです。
また、3枚のアームは中心部で脱着可能なため分解性に優れています。
② はカッタータイプのチョッパーです。より強力な剪断・分散作用が得られるとともに、個々の部品は軽量化されています。

主要エレメントの機能

造粒終点制御(実例)
造粒操作時に、チョッパーの電力およびその変動を、オンラインでモニタすることにより造粒終点を決定します。
下の図と画面は電力変動と粒子成長の相関を示すモニタ例です。

RMO-30型内部

お問合せ


お問合せ内容